職場のご自由にシリーズ

うちの職場って面白いサービスがあるんですよ。朝、職場に行くと、バナナが1房、2房置いてあるんです。そしてバナナが入っている果物箱には、「ご自由にお食べください」の張り紙が貼ってあります。大体早いもの順で1本、1本と無くなっていきます。僕は職場に来るのが早いほうなので、いつも1本もらってます。

このバナナを持ってきているのは、いつも職場に1番乗りしている管理人さんです。管理人さんの実家は八百屋さんで、そこからバナナをいつも拝借して持ってきてくれてるんです。「朝食食べてない人もいるでしょ?」と、あるとき持ってきたのが高評で、「そんなに喜んでくれるんだったら」と言って、毎朝持ってきてくれるようになったんです。

管理人さんのバナナのおかげでしょうね。朝からみんな元気に仕事ができるようになりました! 本当ですよ(笑)。バナナってスポーツ選手もエネルギー補給に食べるくらい優秀な食べ物です。頭を使う仕事でも体を使う仕事でも何でも、エネルギーを必要とするわけですから、すばやくエネルギーに変わりやすいバナナは朝食として最適なんです。

僕もつい朝食を抜いてしまう生活が多かったものですから、管理人さんのバナナには大助かりです。やっぱり仕事前におなかに入れておくと、パワーが違います。

ですが、毎日バナナをいただいていると申し訳ない気もします。なので、バナナをもらっている代わりに野菜や果物を買うときは誰がはじめたというわけでもなく、管理人さんの実家に買いに行くようになりました。そしたら、「なんか家の宣伝したみたいになっちまったなぁ!」なんて、管理人さんは大笑いしていました。

管理人さんのバナナの「ご自由にお食べください」が切欠で、ご自由にシリーズも生まれました。誰かが旅行に行くとたくさんのお茶菓子を買ってきて「ご自由にお食べください」の張り紙を貼ってあります。

仕舞いには、家から不要なものを持ってきては「ご自由にお持ちください」の張り紙を張る様にもなりました(笑)。これもまた高評で、家出使わなくなった物をたくさん置いておけるスペースもわざわざ作ってしまいました。普通だったら捨ててしまうもので、リサイクルショップに持っていってもいくらもしないものですが、まだまだ全然使えるものです。新しい人に使ってもらえるに越したことはないですからね。