給食の思い出

私は、小学校の頃、給食が大嫌いでした。
そんな話しを職場でしていたら「私も」という人が結構いました。
私達の世代は、給食は残すといけないという風潮があったので、給食の時間が終わっても食べ終わるまで食べさせられていました。
給食の次は休み時間で、次が掃除の時間だったのですが、休み時間にみんなが遊びに出ても、一人残って給食を食べていたこともあります。
小学生の頃はこれを拷問のように感じたものです。

また、当時の給食は今考えてもまずいというものが多くありました。
レバーが入っていたスパゲティは、レバーのにおいが強烈で、なかなか食べることができませんでした。
人参をオレンジソースで煮込んだものもますかったです。
オレンジソースと聞けば美味しいそうな感じもしますが、これがとてもまずかったのです。
わざわざオレンジソースにしなくて、そのまま煮ればいいのに‥と思ったものです。
パンにしても、キャロットパンと言って、甘く煮たような小さい人参がコッペパンに入ったパンがありました。
これがまたまずくて、キャロットパンのときはとても憂鬱でした。

最近の給食は美味しそうですよね。
変なメニューもなさそうです。
そして、食べ方も、苦手なものは前もって言っておいて、そのおかずのときには、量を少なめにとるということもできるのだそうです。
いいですよね~。
少しは食べなければいけないかもしれないけれど、量が少なくて良いというだけでも大きいと思います。
給食もだんだん変わってきているのでしょうね。

給食のメニューには、美味しいものや楽しみというものもありましたが、全体的に給食は嫌だ、まずいという思い出しかありません。
もう一度食べてみたいかと聞かれたら迷わず「食べたくありません」と答ます。